トップ

インターネット速度は遅くなる

インターネットの速度は徐々に遅くなる運命があります。パソコンなどでアクセスするわけですが、ほとんどのパソコンは学習機能を備えているので、最初の内こそアクセスするのが速いのですが、学習機能がどんどん発達すると、アクセスのための記憶容量が膨らんでいき、また、蓄積されたデータが多くなるため、インターネット速度が遅くなるというわけです。不要なデータを削除し、アクセス機能を初期段階に戻してやれば、スピードは復活します。でも、自分が作ったパスワードなどのインプットし直しなどの手間がかかります。また、一旦アクセスしたところは、記録として残っていたのですが、それも消えるので注意が必要です。

パソコンのネット速度について

自宅でパソコンを利用している際に、検索するのに時間がかかったり、動画を視聴していても動きが遅く感じたり、インターネットの速度が遅いと感じることはありませんか。これは、プロバイダーが提供している通信網に大きな容量のデータが流れている際に起こりえる現象といえます。よく、最大何メガなどの表記がされますが、あくまでも最大値の話となります。プロバイダーが提供しているインターネット網の中で利用者は、限度内で分け合いながら通信をしていることになります。必然的に混み合っているときは分け合える量も少なくなるので、速度が遅くなるということになります。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットの速さについて. All rights reserved.